簡単にですがパテを研ぐときのポイント


@まずはヘラまくら(山になったスジ状の高い所)をおとす
A極端に高い所があれば部分的にそこを先に研ぐ
B次はパテの円周部 パテ際の段差を先に研いでなだらかにする
   (なるべく旧塗膜部を削らない様に意識しましょう)
Cそれから全体的な面出し作業を行います




板を使って研ぐとして動かし方です

基本的に大事なのは1の横方向ですが(ドア等の横面の場合)
とにかく色々な角度で板を動かして研ぐと良いです
数字は順番ではないですが1で始まり1で終われば良いと思います


文章で詳しい事を伝えるのは難しいです
綺麗に歪みを取ろうなんて考えるよりは

基本を守ってやれば良いと思います
正しい番手のペーパーを使用し
色んな方向から研ぐ

力を入れて押し付けてはいけません
パネルの薄い所は力ですぐに歪んでしまいます
ペーパーを新しいものにこまめに替え
ペーパーの力で研ぐようにしましょう


歪みは手で触って確認しますが
ガイドコートを使用したほうが簡単で早いです
http://www.paint-works.net/under/putty/3M9560.htm



 ラッカー系塗料で黒っぽい色を塗る   マスキングをして黒のラッカースプレーで
ほんの薄っすら塗装でもOK
     
 高い所は削れて黒色が落ちます   ヘラまくらから研いで
 
     
 黒い所はまだ低い部分です もう少し研ぎます   研磨していくうちに黒色が高い所から削れて
白くなって行き、低い部分だけに黒色が残る 


更に研いで行き
黒色が無くなれば平滑面が完成している
という仕組みです

1回では、なかなか面が出ませんので
この作業を
2〜3回繰り返す事もあります
     

****************************************


ポイント

平らに見える所でも真っ平らな部分はありません
少しアールが付いているので
頭の中で意識しながら研磨しましょう
これを知っていないと中央部が低くなりすぎてしまいます

あとパテを水研ぎする人は多分いないと思いますが
パテは塗らしてはいけません
パテは硬いですが湿気・水分は浸透します
鋼板面にパテを直塗りしている場合は錆びてしまいます
後にトラブルになりますので厳禁です
もし作業中に濡れた場合は40度くらいで20分程度乾燥してください

こういうこともプライマーの必要性に繋がります
(パテ塗る前の一作業です)



1つ前に戻る




山口 宇部 山陽小野田
車修理 藤本板金TOPページへ