パテの塗り方



この様に持ってください
指の力でヘラをしならせる事も可能です



これでも良いとは思いますが
私は2本指でやっております



文章で説明するのは難しいですが
いくつかポイントを

まずは塗る前の調合など

  硬化剤は正確に配合する事
  機械で測るのが理想
  
  雨天などで湿気が多いとき
  冬場などの気温が低いときは
  パテを塗る前に鋼板面を30℃程度に温めると
  トラブルになり辛いです

  技術のあるプロでもこういった基本的な事を
  横着にやってしまい、トラブルに見舞われ やり直す事もあるとかないとか・・・
  
  


パテを塗ります


まずは、
しごき付けを忘れない

  ヘラを立て気味にして少し力を入れ
  小さな穴やキズの奥の空気を押し出すよう埋めてやる
  鋼板との密着力を高めます

  それから盛り付けを意識しましょう

  最初のうちは綺麗に盛る事より
  ちゃんと必要な高さを盛れているかを意識しましょう

  いくら綺麗に付けれても低かったらもう一回ですので・・・


  綺麗にならすにはヘラは寝かせ気味にして

  また逆方向からならす事も効果的

  この時ヘラは十分にパテを落とし綺麗な状態で行う事


  パテ際 旧塗膜との境はなるべくなだらかになる様に薄く塗りましょう
    (段差が無いように)



私は昔 窓ガラスで硬化剤を入れない状態で
付けては除けの反復練習で訓練しました

1つ前に戻る





山口 宇部 山陽小野田
車修理 藤本板金TOPページへ