本文へスキップ

山口県宇部市 車修理 傷へこみの板金塗装修理店

お問い合わせはTEL.0836-33-2174

〒7550063 山口県宇部市南浜町2丁目2−3

ペーパーの番手abrasive paper

ホーム情報DIY>ペーパーは何番?

DIY修理でやる場合は
これ位が無難かな?
機械はない ペーパーもない
そんな前提でお話しいたします

研ぎの工程は結構沢山あります
旧塗膜のはく離・パテ・サフ
みんな番手は違います
番手を間違わなければ
大きなトラブルはでないはずです


車の塗装の足付けや
パテ研ぐペーパーは何番?

ペーパーの種類を正しく使い分けよう


番手はペーパーの裏に数字で書いてあります

数字が小さいほど荒く、良く研げるが 

傷が深いので注意

サンドペーパー右から120 180 240 320 400
左から番手が400 320 240 180 120のペーパー
見ただけでも粗さの違いは分かります




旧塗膜のはく離     #120

段落としフェザーエッジ #180付近

板金パテの研磨     #180付近

ポリパテの研磨     #240

パテ研ぎの最後は   #320で仕上げ

サフ塗装範囲の足付け  #400〜600


※パテの水研ぎは厳禁です
↑ここまでは空研ぎ

-----------------------------
サフでしっかりシール出来たら
↓ここからは水研ぎ

サフェーサーの研磨   #600〜800
     最後に    #1000で仕上げ

塗装面の足付け作業
  色をかける所は   #1500でOK

  

(カラーベースが掛からない部分
 クリヤーのみかかる部分は
 #2000〜#3000) 
 
クリヤーのぼかし際は #3000

上塗り途中での中研ぎ #2000

ポリッシュ みがき #2000〜3000

後はコンパウンド処理
  

手研ぎ前提で作成しています


どんな塗料で塗られるのか分かりませんので
トラブルにならないよう無難な番手を書きました
目安程度にお考え下さい






足付け作業は大事

あなどる無かれ足付け作業

足付けなしでつるんとして光沢のある面に
そのまま色を塗ってしまうと
あとで すぐに はがれてしまいます
(こういうお車は良く見かけます 
 エアブローでみんな取れてしまいます)

例えるのなら
鏡の上にろうそくでろうを垂らした様な状態
つめで触るとめくれて 
すぐはがれてしまう そんな感じです

足付けをするという事は塗装する面に
先に細かい傷を付けてやり
凹凸にして表面積を何倍にも増やし
密着を強めるという事です
マジックテープの様な
イメージと言いましょうか・・・

塗装面の断面図 足付け有りと無しの差
イメージ図


うまい へた 以前の事です
はがれのトラブルはあってはならない事です 
表面のつやがなくなるまで
しっかりやりましょう
番手を間違えないように!




エアブローではがれてしまうとはこんな感じ
この動画は下回りなのですが
こういう現象がボンネットやバンパーの表面で
起きてしまう事があります






よくお見かけするのは

缶スプレーで塗装される前に足付けをされていますが

番手が荒すぎてキズだらけの場合があります

多分 #400など荒い番手をお使いのはず 

色掛けても足付けで付いてしまった
キズは消えませんので注意

失敗して車の横で冷や汗を流す男性

この場合の足付けは
#2000〜3000が無難です 0が1個多いです
(色をかける中心部分は
  #1000〜1500程度でもOK)

#3000番の耐水ペーパーの表面
#3000番の表面です
凹凸 ザラザラ感はないです




迷った時は数字の大きな
目の細かいものを使いましょう
トラブルにはなりません 
研ぐのに時間が掛かるだけです

#3000等はなかなか傷が入りにくいです
しっかり足付けしないと
後に塗膜のはく離がおこります


上塗り前には乾かしてよく傷の入り具合を
全体隅々まで確認しましょう

足付けがしっかりされて艶がなくなった状態
しっかり足付けすればこんな感じになります
艶がある左側とは全然違います
濃い色は足付けの具合が分かりやすい
白などの薄い色は分かりづらいです




塗装範囲の端っこを念入りに足付けしている様子

大事な部分は端っこです
マスキングの際の部分が重要
ここをしっかり足付けしましょう
剥がれる時はここから剥がれてきます

ドアノブの回り
テールランプの回り 
水切りモールの下
サイドターンランプ回りなど
マスキングで隠すものの回り


塗装前 全体を足付けしたドアパネル
※上の画像は不織布研磨剤
読み(ふしょくふ)です
#1500を使用して足付けしています
これ便利です
ライン部や入り組んだ形状には
厚みのある不織布が便利
(下の画像の上部に写っているやつです)
これにクレンザーを付けてゴシゴシ擦れば
上の画像の様な状態になるはずです





いろんな番手のサンドペーパー 不織布研磨剤

DIY修理の参考になればと思い
ちょっと書いてみました
プロが仕事でやる場合は
多少違いますのでご了承下さい


もし、もう少し効率よくやるならば
(材料代が掛かって良ければ)
ペーパーの種類はまだまだ多いのが理想

旧塗膜のはく離
#120
フェザーエッジ段落とし
#180〜240
板金パテ研磨
#120→#180
ポリパテ研磨
#240→#320


段々と細かい番手に切り替えて研ぐと
時間が掛かりません

大事なのは
#80を当てた所は#120を当てる
徐々に番手を上げる事です
#120のあとに飛ばして#320使うと
#120で付いてしまった研ぎ痕が
#320では消えません
後にトラブルがでます
番手を飛ばさない様に
80 120 180 240 320 400 600 800 と
使用していくのが理想




1つ前に戻る



(有)藤本 板金宇部車修理 傷へこみ板金塗装

〒7550063
山口県宇部市南浜町2丁目2−3
TEL 0836-33-2174
FAX 0836-33-2156