車の塗装の足付け ペーパーは何番?番手

ペーパーの種類を正しく使い分けましょう


番手はペーパーの裏に数字で書いてあります

数字が小さいほど荒く、良く研げるが 

傷が深いので注意




旧塗膜のはく離      #180

段落としフェザーエッジ  #180付近

板金パテの研磨 #180付近

ポリパテの研磨      #240

パテ研ぎの最後は   #320〜400で仕上げ

サフ塗装範囲の足付け  #600以上

サフェーサーの研磨 #600〜800

手作業なら水研ぎでしょう


塗装面の足付け作業
  色をかける所は
   #1500でOK

   


(カラーベースが掛からない部分
 クリヤーのみかかる部分は
 #2000〜#3000) 
 
クリヤーのぼかし際は #3000

上塗り途中での中研ぎ       #2000

ポリッシュ みがき      #2000〜3000

後はコンパウンド処理
  

手研ぎ前提で作成しています

機械を使う場合は多少変わってきます


どんな塗料で塗られるのか分かりませんので
トラブルにならないよう無難な番手を書きました
目安程度にお考え下さい


よくお見かけするのは

缶スプレーで塗装される前に足付けをされていますが

番手が荒すぎてキズだらけの場合があります

多分 #400など荒い番手をお使いのはず 

色掛けてもキズは消えませんので注意

この場合の足付けは
#3000が無難です 0が1個多いです
(色をかける中心部分は#800〜1500程度)


迷った時は数字の大きな
目の細かいものを使いましょう
トラブルにはなりません 研ぐのに時間が掛かるだけです

#3000等はなかなか傷が入りにくいです
しっかり足付けしないと
後に塗膜のはく離がおこります

上塗り前には乾かしてよく傷の入り具合を
全体隅々まで確認しましょう

大事な部分は端っこです
マスキングの際の部分が重要
ここをしっかり足付けしましょう
剥がれる時はここから剥がれてきます

ドアノブの回り 
水切りモールの下
サイドターンランプ回りなど
マスキングで隠すものの回り


ペーパーの種類 番手

DIY修理の参考になればと思い
ちょっと書いてみました
プロが仕事でやる場合は
多少違いますのでご注意下さい


もし、もう少し効率よくやるならば
(材料代が掛かって良ければ)
ペーパーの種類はまだまだ多いのが理想

旧塗膜のはく離
#120
フェザーエッジ段落とし
#180〜240
板金パテ研磨
#120→#180
ポリパテ研磨
#240→#320


段々と細かい番手に切り替えて研ぐと
時間が掛かりません

大事なのは
#80を当てた所は#120を当てる
徐々に番手を上げる事です
#120のあとに飛ばして#320使うと
#120で付いてしまった研ぎ痕が
#320では消えません
後にトラブルがでます
番手を飛ばさない様に
80 120 180 240 320 400 600 800 と
使用していくのが理想













1つ前に戻る




山口 宇部 山陽小野田
車修理 藤本板金TOPページへ





自動車事故や板金・塗装は宇部市南浜町 藤本板金まで